クゥワークル(Qwirkle)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

6枚目はオレだ!

色と形を合わせてタイルを配置して高得点を狙うゲーム。2006年にアメリカのマインドウェア社から発売され、2010年にシュミット社からヨーロッパ版が発売された。本日発表された2011年のドイツ年間ゲーム大賞で、大方の予想を覆して大賞に選ばれた。

タイルは木製でかなり厚く、手札を麻雀牌のようにして立てておける。手番には6枚の手札からタイルを中央に配置して得点する。

タイルの置き方は「同じ色で全部違うマーク」か「同じマークで全部違う色」のいずれか。縦横に隣接する場合は、どちらの列も合うように置かなければならない。得点は、置いた列のタイル枚数。ただし色もマークも6種類あって、全部揃えられた人は「クワークル」12点が入る。縦横に揃えて、両方の得点が入るのも大きい。

同じ列ならば何枚でも出すことが可能。5枚で止めると、次の人のクワークルをアシストしてしまう恐れがあるので、うまく揃わないときはタイル交換をして1手番待つのも大事である。袋から補充するタイルがなくなったら、手札だけで続け、誰かがなくなった時点で終了。合計得点の多い人が勝ち。

序盤は鴉さんが積極的なタイル交換でクワークルを決めたが、クワークルできないときにも縦横にクレバーな配置をしたぽちょむきんすたーさんが1位。『インジーニアス』のように、自分の置き方が相手に利する得点方法ながら、どの列も6枚でいっぱいになるため、枚数が増えるにつれて興奮が高まるのが面白い(今回も「ツモった!」とか「ロン!」とか言って盛り上がった)。後半は、タイルがテーブルいっぱいに広がって目が疲れるが、皆が諦めたエリアで高得点できると嬉しい。

Qwirkle
S.M.ロス/マインドウェア(2006年)―シュミット(2010年)
2〜4人用/6歳以上/45分
プレイスペース広島:クゥワークル

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください