『ディクシット』日本語版、8月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは8月下旬、『ディクシット(Dixit)』日本語版を発売する。3〜6人用、8歳以上、30分、4,725円。

昨年のドイツ年間ゲーム大賞を受賞したフランスのコミュニケーションゲーム。各自6枚ずつ手札を持ち、親は自分の手札1枚を選び、その絵柄から連想される言葉を言って出す、ほかの人も、自分の手札からその言葉に最も関係していると思うカード1枚を出す。これらをシャッフルして並べ、親が選んだカードを当てる。

全員当たりまたは全員外れの場合、親はポイントをもらえないため、バレバレでも的外れでもない言葉を要求される。情報は多すぎても少なすぎてもいけないというコミュニケーションの原理を味わえる。メルヘンチックなカードイラストと、かわいいウサギコマを使い、老若男女で楽しく遊べるパーティゲームである。

play:game評価コメントリスト:ディクシット

ホビージャパンは同時に、6月に発売されたばかりのシリーズ最新作『ディクシット・オデッセイ(Dixit Odyssey)』を多言語版で発売する。3〜12人用、8歳以上、30分、4,725円。

新しいイラストカードや投票ボードのほかに、6〜12人で遊べるパーティルールとチーム戦ルールが加わった。パーティルールでは、親がカードを見る前にお題を出し、全員が出したカードに投票して、投票数だけ得点になる。収納面では、『ディクシット』『ディクシット2』が全て収まるようになっている。全部のカードをまとめて遊ぶことが可能。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください