シュピール’11新作情報:アミーゴ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツゲーム界の最大のお祭りであるシュピール'11―エッセン国際ボードゲーム祭が10月20日(木)から4日間にわたって行われます。

このページでは、新作情報を各メーカーのウェブサイト、ニュースサイトから翻訳し、どのような新作が出るかを見ていきたいと思います。日本に比較的入りやすく、よく知られているメーカーを中心に紹介しています。ゲーム名は直訳で、後で輸入販売されるときには別になるかもしれません。

リオ・ドーロリオ・ドーロ(Rio D'Oro)

F.モヤーソン作、2〜4人用、8歳以上、30分。
古い吊り橋を渡って財宝を持ち帰ります。木製の立体の橋は、気を付けないと崩れてしまって財宝が落ち、谷底に落ちてしまったり、ほかの人に取られてしまったりします。

カレカレ(Carre)
G.クラリツェック作、2〜4人用、8歳以上、30分。
ダイスを振って、タイルをボードに並べていきます。最初に隙間なくタイルを敷き詰められた人が勝ちます。アクションタイルでほかの人の邪魔もできます。

ザ・シティザ・シティ(The City)
T.リーマン作、2〜5人用、10歳以上、20分。
毎ラウンド1つずつ建物を建設して都市を広げます。建物は収入や勝利点をもたらしますが、カードは建物と同時にお金も兼ねるという『サンファン』システム。手札を上手にマネージメントしなければなりません。

2323(23)
C.ベーレ作、2〜4人用、8歳以上、30分。
1〜23のカードを小さい順に出します。間を空けすぎると罰チップを受け取らなければなりません。ほかの人が邪魔をする中、次の数字を出すのは容易ではありません。

ビッグファイブビッグファイブ(Big Five)
R.クニツィア作、1〜4人用、7歳以上、20分。
5種類の動物×5色のカードがあります。色か数字が合うようにカードを出して、自分の持ち札を一番早くなくした人が勝ちです。4枚目、5枚目を出せた人は、ボーナスとして持ち札を減らすことができます。

ウィザードジュニアウィザード・ジュニア(Wizard Junior)
K.フィッシャー作、3〜6人用、8歳以上、20分。
獲得トリック数を予想するカードゲームを易しくアレンジ。2006年にアメリカで発売されたカードゲームを、イラストを一新しました。

はげたかのえじき(Hol's der Geier)
A.ランドルフ作、2〜5人用、8歳以上、20分。
1988年に発売以来、何度も再版を繰り返してきたカードゲームがまた復活します。メビウスゲームズが日本語版を企画していますが、イラストはアミーゴ社の新版と異なるようです。

フリーゼマテンテン:セット2(Friesematenten: Die Schattenmänner)
F.フリーゼ作、2〜4人用、12歳以上、45分。
カードを競り落として工場とステータスを手に入れるカードゲームの第2弾。60枚のカードと、40枚の木製チップが入ります。昨年発売されたセット1が必要です。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください