ジェンコン2011

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

3万人の参加者で賑わうアメリカのRPG系イベント、ジェンコン2011(Gen Con Indy)が8月4日から4日間にわたって、オハイオ州インディアナポリスのコンベンションセンターで開かれた。日本からはホビージャパンの担当者が参加し、詳細なレポートを送っている。

ジェンコンは1967年に始まり、アメリカゲーム界のトレンドをリードし続けてきたイベント。TRPG、ミニチュアゲームのほかに、アスモデ社、デイズオブワンダー社、ファンタジーフライト社、メイフェア社、リオグランデ社、ズィーマン社、など、アメリカメーカー、アメリカに現地法人をもつボードゲームメーカーが新作を出展する。10月に行われるエッセン国際ゲーム祭に先行して新作情報が手に入るチャンスだ。

イベントでは、大会やオークション、貸し出しによるプレイスペース、シンポジウムなどさまざまな催しが行われた模様だ。

Gen Con Indy 2011
ホビージャパンゲームブログ:海外ゲーム商戦の前哨戦、アメリカGEN-CON現地レポート!

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください