IGA2010ノミネート発表

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

国際ゲーマーズ賞(International Gamers Awards)選考委員会は本日、今年のノミネート作品を発表した。昨年の7月1日から今年の6月30日までに発売された新作の中から、世界各国20名の審査員が選んだ作品は次の通り。

8月になってから審査員が各自10タイトルを挙げ、そのうち5タイトルに星印をつける。星印のあるタイトルを2ポイント、無印を1ポイントとして集計し、トップ10をノミネートとした。日本国内でも評価の高いゲームが並んでいる。

【国際ゲーマーズ賞2011ノミネート】
(一般ストラテジー部門)
世界の七不思議(7 Wonders / A.ボザ)
エアライン・ヨーロッパ(Airlines Europe / A.R.ムーン)
アサラ(Asara / M.キースリング、W.クラマー)
ブルゴーニュ(Die Burgen von Burgund / S.フェルト)
ドミナント・スピーシーズ(Dominant Species / C.ジェンセン)
インカ帝国(Inca Empire / A.アーンスタイン)
K2(K2 / A.カルーザ)
ロンドン(London / M.ワレス)
ナビゲーター(Navegador / M.ゲルツ)
トロワ(Troyes / S.ドジャルダン、X.ジョージ)
ヴィニョス(Vinhos / V.ラチェルダ)

(2人用ストラテジー部門)
数エーカーの雪(A Few Acres of Snow / M.ワレス)
ウェステロスの戦い(Battles of Westeros / R.A.コウバ)
アース・リボーン(Earth Reborn / C.ベーリンガー)
ファミリア(Famiglia / F.フリーゼ)
ホワッツ・マイ・ワード?(What's my Word? / J.Q.カンシル)

昨年の受賞作は『産業の時代』と『キャンペーンマネージャー2008』。大賞の発表は例年9月中で、授賞式はエッセン国際ゲーム祭の会期中に行われる。

International Gamers Awards:2011 Nominees

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください