国際ボードゲーム学会、論文募集

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

第15回国際ボードゲーム学会(Board Game Studies)が2012年の4月にドイツ・ミュンヘンで開かれるのに合わせ、発表者と論文を募集している。要旨〆切は10月15日。

国際ボードゲーム学会は、ボードゲームを研究する考古学・人類学・歴史学・心理学・教育学の研究者のほか、ゲームデザイナー、メーカー関係者、コレクターなどが参加して1995年にオランダのライデンで始まった。これまでイタリア、スイス、スペイン、ドイツ、アメリカ、イギリス、ブラジル、オーストリア、ポルトガル、イスラエル、フランスで開催されている。過去の発表を見ると、遊戯史学会と同様、伝統ゲームの歴史に関する研究が多い。

次回の学会のテーマは「石や岩に彫られたゲーム」。ただしそれ以外のテーマでも発表できる。要旨審査を通ると、学会で発表ができる(英語)。

ホストを務めるバーバリアンゲームアーカイブ(Bavarian Games Archive)は、1万5千タイトルのボードゲームと2000以上の資料を保有し、年に1回のゲームデザイナー会議のほか、ワークショップやイベントを主催している。

Chess, Goddess and Everything:Call for Papers: Board Games Studies 2012

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください