カルカソンヌ日本選手権、代表決まる

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

カルカソンヌ日本選手権が本日、すみだ産業会館サンライズホール(東京・錦糸町)にて行われた。優勝した小向真之介氏には、10月にドイツで行われる第6回世界大会への参加権と、副賞としてドイツまでの往復航空券と期間中の宿泊券が贈られる。

2001年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞したタイル配置ゲーム『カルカソンヌ』の世界大会は2006年から毎年開催されているが、日本選手権が行われるのは初めて。日本語版を販売する水道橋のボードゲーム専門店メビウスゲームズが主催した。

申し込み順で66名定員のうち53名が参加。5回の予選で上位4名が決勝に進出し、予選1位対4位、2位対3位で準決勝を行い、それぞれ勝者が決勝に進むというルール。優勝は小向真之介氏、2位以下は伊賀上一希氏、村田かなえ氏、小沢徹也氏という結果になった。

今年の世界大会は10月23日、エッセン国際ゲーム祭の期間中に行われ、24カ国が参加する。今年は初めて、大会のモニター中継(パブリックビューイング)も行われる予定だ。来月行われるドミニオン日本選手権のチャンピオンと共に、日本代表の活躍に期待したい。

カルカソンヌ日本選手権:結果速報
Spielezentrum Herne:6th Carcassonne World Championships 2011
spielbox-online:Public Viewing bei Carcassonne- und Dominion-Meisterschaften

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください