オーストリアゲーム賞に『アサラ』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ウィーン・ボードゲーム・アカデミー(F.デ・カサン代表)は16日、今年のオーストリアゲーム賞(Spiel der Spiele)を発表した。大賞に選ばれたのはW.クラマー&M.キースリングの『アサラ(Asara)』。ほか、キッズ・ファミリー・友人・フリークの4つの部門でヒットゲームが数タイトルずつ発表された。

オーストリアゲーム賞は、まず選考委員が候補作を絞り込み、ゲーム経験の少ない人が遊んで決めている。コアな愛好者が選ぶことが多いゲーム賞の中で、広く遊びやすい作品を選んでおり、ショップではドイツ年間ゲーム大賞に次いで売り上げに大きな影響を与える。

『アサラ』は塔のパーツを集め、たくさん塔を建てて得点を競うゲーム。塔を獲得する場では、最初に出したカードの色で縛られる。ドイツ年間ゲーム大賞では3タイトルにノミネートされ、最有力候補と目されながらも『クワークル』に大賞を譲っていたため、この度の受賞でようやく溜飲を下げることになった。

ヒットゲームには、ドイツ年間ゲーム大賞の『ディクシット』や、キッズ大賞の『ドラゴン・ディエゴ』、ノミネート作の『アラカルト』、特別賞の『果てしなき世界』などが並んだ。2タイトルと少数に抑えられたフリーク部門には、日本語版が発売中の『ダンジョンロード』と、ドイツの交易を描いた『ハンザ・テウトニカ』が選ばれている。

【オーストリアゲーム賞2010】
大賞:アサラ(Asara / W.クラマー&M.キースリング / ラベンスバーガー)
キッズ部門:レゴ・ヒロイカ(Lego Heroica)、あわてんぼ魔女(Schusselhexe)
ファミリー部門:アロザ殺人事件(Mord in Arosa)、クワークル(Qwirkle)、ウルル(Uluru)、きかんしゃのぼうけん(Voll in Fahrt)
フレンド部門:世界の七不思議(7 Wonders)、42(Fortytwo)
エキスパート部門:指輪物語カードゲーム(Der Herr der Ringe Das Kartenspiel)

Östreichischer Spielepreis:Spiel der Spiele 2011
ボードゲームショップ検索:アサラ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください