日本語版・多言語版・国産ボードゲーム、発売続々

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今月発売予定のボードゲームが次々と発売されている。

今年の最注目カードゲーム『世界の七不思議(7 Wonders)』の拡張セット『指導者たち(Leaders)』が8月26日に多言語版でリリースされた。3〜7人用、13歳以上、40分、3150円。

文明を牽引した有名人物36枚のカードが登場し、文明のドラフトとは別にドラフトを行う。軍事力を上げるカエサルやハンニバル、戦争の勝利トークンの価値を上げるアレクサンドロス、純粋に得点になるクレオパトラ、科学のコストが安くなる天才アルキメデスなど、実在の人物に即した能力が楽しい。よりドラマチックな展開が待っている。

ホビージャパンゲームブログ:仕事の最初が最も重要なり『世界の七不思議:指導者たち(7Wonders:LEADERS)【多言語版】』

お題に合ったイラストを当てるコミュニケーションゲーム『ディクシット』の最新シリーズ『ディクシット・オデッセイ(Dixit Odessey)』も、8月26日に多言語版で発売された。3〜12人用、8歳以上、30分、4,725円。

新しいイラストカードや投票ボードのほかに、6〜12人で遊べるパーティールールとチーム戦ルールが加わった。パーティールールでは、親がカードを見る前にお題を出し、全員が出したカードに投票して、投票数だけ得点になる。収納面では、『ディクシット』『ディクシット2』が全て収まるようになっており、全部のカードをまとめて遊ぶことが可能だ。

また、『ディクシット日本語版』も同日発売されている。

フランスの文明発展ゲーム『オリンポス(Olympos)』も多言語版にて、8月26日に発売された。3〜5人用、10歳以上、90分、6300円。

ペロポネソスの原野や、神秘のアトランティスの輝く砂浜を舞台に、敵を撃退し、技術を開発し、驚異の建造物(ワンダー)を造り、オリンポスの神々の恩恵を受けて自分の一族を発展させる。アクションポイント制で、使ったポイントの少ない順に手番を行う『テーベの東』方式。一定のアクションポイントを使うたびに神々が登場し、その時点でのプレイヤーの状況によって恩恵や天罰が与えられる。

ゲーム紹介:オリンポス / Olympos

上記の輸入ゲームはいずれもホビージャパンの取り扱いで、4タイトルが当日発売されるのは異例。プレイスタイルに沿って選ぼう。さらに、国産のデッキ構築ゲームが2タイトル発売されている。

アークライトのデッキ構築カードゲーム『ダイナマイトナース・リターンズ』は8月12日発売。3〜5人用、12歳以上、40〜60分、3,990円。

ホビージャパンが80年代に発売し、人気を集めたカードゲームがシステムを一新して復活。次々と搬送される患者をスムーズに受け入れ、手際よく手術して退院させて、名医として一番の尊敬を受けることを目指す。あまり患者を死なせると、伝説の「ダイナマイトナース」として、永久に村の歴史に刻まれてしまう。

アークライトゲームズ:ダイナマイトナース・リターンズ

『アマツカグラ』は、グループSNEが監修したデッキ構築カードゲーム『エンドブレイカー』の第2弾で、8月26日にブロッコリーから発売された。2〜4人用、40〜60分、4,935円。

TRPG『霊峰天舞アマツカグラ』をベースにしたゲームで、妖怪たちがうごめく東方の都市国家を舞台に、エンドブレイカーたちが活躍する。

ブロッコリー:エンドブレイカー!SCGアマツカグラ

このほか、当サイトですでに紹介したダイス構築ゲームの『クォーリアーズ! 完全日本語版』が8月6日、変形トリックテイキングゲームの『ドワーフの王様 日本語版』が8月12日に発売されている。新作ゲームの目白押しに、嬉しい悲鳴が上がりそうだ。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください