オランダゲーム賞2011ノミネート

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

オランダゲーム賞(Nederlandse Spellenprijs)の審査委員会は1日、今年のノミネート作品8タイトルを発表した。対象は昨年6月から今年の5月までに発売された新作で、ファミリー向けからフリーク向けまでバラエティ豊かなリストになっている。

このリストが9月30日まで一般投票にかけられ、10月3日に大賞が発表される。投票は3タイトルを順位をつけて記入する方式で、上から4,2,1点で集計されるが、2タイトルのみ記入した場合は3,1点、1タイトルのみ記入した場合は2点となる。

リストには、『世界の七不思議』や『禁断の島』といったドイツで評価された作品が入っている。毎年ほとんどはいらないオランダの国産ゲームはクワリ社の『太陽、海、そして砂』のみに留まった。

【オランダゲーム賞2011】
ノミネート:世界の七不思議(レポス)
  〃  :ハンザ・テウトニカ(999ゲームズ)
  〃  :インペリアル2030(ザ・ゲームマスター)
  〃  :K2(ホワイトゴブリン)
  〃  :リノ(Lino/ジョーコ)
  〃  :太陽、海、そして砂(クワリ)
  〃  :禁断の島(ホワイトゴブリン)
  〃  :ウィザード(999ゲームズ)

Nederlandse Spellenprijs:Verkiezing 2011

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください