アラカルトカードゲーム賞も『世界の七不思議』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツのボードゲーム専門誌『フェアプレイ』編集部は26日、今年のアラカルトカードゲーム賞を発表した。ジャーナリスト、コレクター、熟練プレイヤー50名の投票によって選ばれた今年のベストカードゲームは『世界の七不思議』。今年新設されたドイツ年間エキスパートゲーム大賞、ドイツゲーム賞1位に加えてアラカルトカードゲーム賞を受賞し、『ドミニオン』以来の史上2度目の三冠を達成した。

2位には変態トリックテイキングゲームの『トリックマイスター』、3位には入札で票を集め教皇を狙う『1655教皇選出』が選ばれた。

【アラカルトカードゲーム賞2011】
1位:世界の七不思議(7 Wonders / レポスプロダクション)
2位:トリックマイスター(Stich-Meister / アミーゴ)
3位:1655 教皇選出(1655 Habemus Papam / DDD出版)
4位:サンダーストーン(Thunderstone / ペガサス)
5位:大聖堂カードゲーム(Die Säulen der Erde - Das Kartenspiel / コスモス)
6位:ハギス(Haggis / インディーボード&カード・バンブス)
7位:ビブリオス(Biblios / イエロ)
8位:セベク(Sobek / ゲームワークス)
9位:ゴールド(Gold! / アバクスシュピーレ)
10位:カタンの開拓者たち(新)カードゲーム(Die Siedler von Catan - Das schnelle Kartenspiel / コスモス)

Fairplay Online:À la Carte Preis 2011

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください