『アメージングテーブルゲーム 2012』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

世界のボード・カード・パーティゲームの情報誌『アメージングテーブルゲーム 2012』が本日、八重洲出版から発売される。昨年10月に発売された創刊号に続く第2号。1,050円。

「超、簡単、超、楽しい おしゃれゲーム」「オセロの歴史&工場見学」「世界の"即買い"ゲーム50選」など、普段ボードゲームを遊ばない層も興味をもちそうな見出しが並ぶ。表紙を飾るのは先日発売されたばかりの『ディクシット・オデッセイ』。

出版社では「日本はもとより、世界の最新テーブルゲームを収録。アナログゲームの楽しさをたっぷりと味わうことができ、頭の体操、老化防止ほかコミニュケーションツールとしてももってこい。ゲームは家族、2人で、はたまた友達大勢でと、種類ごとにわかりやすく整理。すでにアナログゲームのせかいにどっぷりにはまっている人も、これからという初心者にも、ゲーム選びのガイド本として活用して欲しい。」と謳う。

付録は『なんてったってさいたま』。今月日本語版が発売された『なんてったってホノルル』の日本版で、日本の土地や名所を正確に東西南北に並べるゲームだ。本誌のオリジナルで、ほかでは手に入れることができない。

読み物としても、ゲームとしても楽しめる一冊。秋の夜長に遊ぶゲームをこれで見つけよう。

八重洲出版:アメージング テーブルゲーム 2012 SECOND ISSUE

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください