リサイクル(Lixo?)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ごみ処理法の理想

リサイクル

競りでごみをリサイクルするカードゲーム。『ヴィンテージ』をリリースしたポルトガルのメサ・ボードゲームズから発売された。タイトルはポルトガル語で「ごみ」の意味。

毎ラウンド、コンテナカードが1枚めくられる。コンテナはプラスチック+金属(黄色)、古紙(青)、ガラス(緑)、電池(赤)、燃えるゴミ(灰色)の5色。これを、手札のゴミカードで競る。コンテナカードに対応する色のゴミカードしか出せないが、1枚で2色かねるゴミカードもある。好きな枚数だけ自分の前に出して競り、一番多く出した人がリサイクル成功。ゴミカードを捨ててコンテナカードを手に入れる。

競りの特色は3点。1つは競り負けたとき、リサイクル失敗となって出していたゴミカードが全て失点になってしまうこと。2つ目は、パスをしてもまた復帰できること。3つ目は、終了時に残った手札も全て失点になること。この3つのルールで、お互いの顔色を伺いあう心理戦とブラフのゲームになる。

出すからにはいっぱい出して勝ちたい。でもほかの人がもっと出しそうなら早めに降りて次のチャンスにかけたい。あの人は手札が結構あるけど、赤は何枚くらいあるんだろう? さっき赤の競りをしたときは最初から降りてたな……。

枚数が少ないと思ったら早めに降りるのも手だ。何人かが激しく競り合ってたくさんカードを出してくれれば、次に同じ色が出たとき確実に競り落とせるだろう。ただし同じことを考えている人がいなければの話。本当に持っていないのか、持っていないふりをしているのか、よく見極めなければならない。

ゲームを盛り上げるのが山札に何枚か入っているストップカード。これが山札から出たときだけ、全員手札を5枚ずつ補充する。それ以外に補充はない。自分だけ手札が多くて競り落とすチャンスだと思っていたら、ストップカードが出て補充されてしまうことも。

ゴミ問題を考える教育ゲームだというが、教育ゲームに特有のゲームとしてのつまらなさは全くないどころか、近年稀に見る競りゲームの傑作の域に達している。

Lixo?
G.ドーレイ/メサボードゲームズ(2011年)
2〜6人用/6歳上/20分
テンデイズゲームズより発売予定
テンデイズラジオ:第40回「エッセンお土産話スペシャル」

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください