『ハゲタカのえじき』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ハゲタカのえじき日本語版東京水道橋のボードゲーム専門店メビウスゲームズは8日、『ハゲタカのえじき(Hol's der Geier)』日本語版を発売した。2〜6人用、8歳以上、20分、1500円。

故A.ランドルフの作品で、1988年にラベンスバーガー社(ドイツ)から発売され、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた。2005年にはゆうもあの推薦ゲーム「ゆうゲームズ」にも認定されている。全員同じ内容のカードを持ち、同時にカードを出して、一番大きい数字を出した人が獲物を取るが、一番大きい数字を出した人が複数いる(バッティングする)と次点の人にもっていかれてしまう。この同時プレイとバッティングのシステムはその後多くのゲームで取り入れられた。

失点になる獲物が出ると一転、一番小さい数字を出した人が取らなければならない。これまたバッティングにつぐバッティングで、一番大きい数字を出したのに取るハメになるドラマも。相手の裏の裏をかこうとする心理戦がこの上なく楽しい。

2005年に再版されたものの再び絶版となり、今年はアミーゴ社からコンパクトサイズで再版された。このたびメビウスゲームズが制作した日本語版はアミーゴ社による新版とも異なり、これまで5人までだったプレイ人数を6人に拡張。イラストもポップなイラストになっている。

メビウスゲームズ:ハゲタカのえじき

2009年、日テレのテレビ番組「スペシャルギフト」でおぎやはぎの矢作兼氏がメビウスゲームズを訪れ、有吉弘行氏、西川史子氏、山里亮太氏と『ハゲタカのえじき』などを遊ぶところが放映されている。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください