『パンデミック』再版、1月中旬

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

先月も大会が開かれた『パンデミック』(レポートはこちら)。人気のため品切れが続いていたが、来年1月中旬に再版されることを、日本語版発売元のホビージャパンが明らかにした。2〜4人用、10歳以上、60分、4200円。

「パンデミック」とは、感染症や伝染病が世界的に流行することを表す用語。このゲームは世界中に拡大しようとする感染症の根絶をテーマにしている。プレイヤーは医者や科学者となり、世界の各都市で研究所を建設し、世界中に発生した人類の生命にかかわる4種類の病原菌による感染症の治療を行い、拡大を防がなければならない。ちょっとでも手を抜くとたちまち病原菌は広がり、世界は破滅してしまう。全員が勝つか、全員が負けるかという協力ゲームで、チームワークが試される。

オリジナルはアメリカのゲームで、オリジン賞ボードゲム部門大賞、オーストラリア年間ゲーム大賞、ベルギー金のルド賞、ドイツ年間ゲーム大賞ノミネートなど各国で評価されており、国内でも日本ボードゲーム大賞で2位を獲得、play:game評価コメントリストには高い評価がたくさん寄せられている。

一方、拡張の『絶体絶命』日本語版も品切れが続いているが、こちらの再版はめどがたっていない。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください