箱の中へ(Ab in die Tonne)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

箱の中へゴミはみ出さないように

いろいろな形のゴミタイルをゴミ箱の上から落として、はみ出さないようにするオランダのゲーム。『バティーク』に似ているが、1人1人ボードが異なり、5人まで遊べるのが特徴。またタイルのかたちがバリエーションに富んでおり、はみ出したら負けではなく、はみ出した程度による失点をできるだけ少なくすることを目指す。

全員がもっているゴミ15個の内容は同じ。つぶれたサッカーボールとか、細長いスタンドとか、どのゴミもエキセントリックな形状をしている。

スタートプレイヤーが1つゴミを指定し、全員同じゴミを投入する。ゴミは線の上からストン。狙って落としても、途中で回転したり、位置がずれたりすることもある。次の人が次のゴミを指定して、また全員同じゴミを投入、というように全員同じ順番でゴミ箱に入れる。とがっているところを噛みあわせて、かさを上げないようにしたい。

ゴミ箱には目盛がついていて、15個落とした後にどこまではみ出しているかを見る。はみ出した分だけ失点。これが第1ラウンドである。

第2ラウンドは、ゴミ箱についているチューインガムを隠すようにゴミを落とす。最後に隠れていないチューインガム1個につき−2点。第3ラウンドは一転して、チューインガムが見えるように落とし、隠れていなければ1個につき2点になる。チューインガムにばかり集中していると、かさが上がってしまってテトリスのゲームオーバー状態のようになりかねない。

第1、第2ラウンドは拮抗していたが、第3ラウンドでチューインガムを避けてうまく入れられた私が勝利。うまく詰められなかったものの、5歳の長男も一緒に遊べた。ゴミを1つ入れるたびに「あー変なとこに引っかかった!」「よし、カンチャンずっぽり」など歓声が上がる。チューインガムのルールでは、ゴミを入れる順番や角度など、意外に考えることがあって唸らされた。

Ab in die Tonne
C.v.モーセル/クワリ(2011年)
2〜5人用/5歳以上/20分
ゲームストアバネスト:箱の中へ
ふうかのボードゲーム日記:箱の中へ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください