『ロスト・テンプル』日本語版、3月24日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ロスト・テンプルアークライトは3月24日、名作『あやつり人形』をボードゲーム化した新作『ロスト・テンプル(Lost Temple)』日本語版を発売する。B.フェイドゥッティ作、2〜9人用、10歳以上、40分、2,940円。

時は1927年。探検隊チームが失われた古代の神殿を捜し求めて東南アジアのジャングルを探検する。自分の探検を助けてくれる能力をもつ9人のキャラクター・カードのうちから、毎回1枚を選ぶ。目的は建物を作ることではなく、ゴールの神殿に真っ先に着くことだ。登場するキャラクターは『あやつり人形』より1つ多い10つ。1枚ずつ選んでから、順番にコールされ、そのキャラクターを選んだ人が行動する。

ロストテンプル:カード1.呪術師…キャラクターを指定し、乗っ取る
2.盗賊…キャラクターを指定し、お金を奪う
3.予言者…盤状のトークンをこっそり見る
4.僧侶…宝石を払って神殿までワープ
5.古老…宝石を払って集落までワープ
6.職人…トークンを取って進む
7.斥候…宝石を好きなだけ払ってコマを進める
8.漁民…宝石を払ってその2倍進む
9.子供…直前のコマがいるマスまで進む
10.神官(プロモカード)…順位だけコマを進める

途中のマスではイベントが発生したり、足止めを食らったりすることも。また、キャラクターの能力を使うために宝石やナタが必要になる。『あやつり人形』より収束性を高め、現在のゲームシーンに呼応した。

『あやつり人形』の発売から11年、作者B.フェイドゥッティが昨秋のエッセン国際ゲーム祭で満を持してリメイクした。オランダのホワイトゴブリンゲームズ社の製品で、『ホテルサモア』に続いて2作目の日本語版化となる。

TGW:シュピール'11新作情報・ホワイトゴブリンゲームズ

ロストテンプル:箱裏

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください