メイクンブレイク・チャレンジ(Make'n' Break Challenge)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

焦ると落とす

ラベンスバーガー社の『メイクンブレイク』と、コスモス社の『ウボンゴ』はほぼ同時期に発売され(前者が2004年、後者が2005年)、どちらも制限時間内に何か組み立てるゲームとしてシリーズ化されている。しかし、『ウボンゴ』シリーズが全てG.レヒトマンによるものであるのに対し、『メイクンブレイク』は別の作者がデザインしたものがある。それがこの『メイクンブレイク・チャレンジ』と、『メイクンブレイク・ダイス』だ。

『メイクンブレイク・チャレンジ』は、ベテランデザイナーS.ドラの作品。私はこの作者の大ファンで、どのように料理するのかが楽しみだった。

タイマーはなく、2人でより早く積み上げることを競う。向い合って座り、同じ組み合わせの積み木を用意し、中央のカードスタンドにカードを差し込んでスタート。カードは両面が同じ絵柄になっていて、どちらからもよく見えるようになっている。絵柄の通りに先に積み上げた人勝ち。

手で積み上げるのだったらさぞ簡単だろう。だがこのゲームでは、積み木をトングで持ち上げる。焼肉屋さんにあるような、でも木製のトング。いちおうギザギザになっているが、丸い積み木などは特につかみにくい。

複数で遊ぶ場合はトーナメント戦。ドラのファンの意地を見せて1位。絵柄が指定されておらず「積み木を○個使う。ただし床に付いていいのは○個だけ」というようなお題もあって、渡された積み木を見て積む順番をとっさに考えなくてはならない。手先の器用さ、冷静さと集中力のほかに、カードの指示を考える力も試された。

Make'n' Break Challenge
S.ドラ&M.ラインドル作/ラベンスバーガー(2009年)
2〜4人用/8歳以上/30分
ゲームショップ検索:メイクンブレイクチャレンジ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください