クトゥルフの協力ダイスゲーム『エルダーサイン』日本語版4月発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

エルダーサイン箱アークライトは4月28日、クトゥルフ神話をテーマにした協力ダイスゲーム『エルダーサイン(Elder Sign)』日本語版を発売する。1〜8人用、14歳以上、60〜120分、3,780円。

『アーカムホラー』の作者R.ローリアスの新作で、昨年ファンタジーフライト社(アメリカ)から発売されたばかりの製品。今年になってドイツ、フランス、スペイン、ポーランド、日本語版が一斉に発売される。

プレイヤーは「探索者」となって、未知なる恐怖が巣食う博物館の中を探索していく。刻々と過ぎていく時の中、小型のモンスターや様々なイベント、そして近づく邪神の復活がプレイヤーたちを襲う。探索者たちは襲い来る脅威を乗り越え、邪神のたくらみを阻止できるか?

プレイヤーは特製ダイスを振り、出た目を使って冒険カードの条件を満たしながら、邪神たちに立ち向かう。1人だけではカードの条件を満たすことが難しくても、プレイヤー全員で協力すれば条件を満たすことができるかもしれない。「自分はダメでも仲間がいる!」という連帯感で、ダイスのひと振りひと振りに盛り上がること必至の協力型ダイスゲームだ。

クトゥルフものには興味があるけど、内容が難しそうだからちょっと......という人でも、分かりやすくまとまったルールでテンポよくクトゥルフ神話の世界を楽しめる。
エルダーサイン

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください