『HYKE』アニメ化決定

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドロッセルマイヤーズのブログによると、今春発表するオリジナルパーティーゲーム『HYKE(ハイク)』がアニメ化されることが明らかになった。今夏から、初期5話が放送される。

もとは別の少年マンガ原作で進んでいたアニメ企画が、急きょ原作者の意向でNGとなり、バトルものの原作を探していたところでこのゲームが浮上したという。伝説の俳聖の力を受け継いだ主人公・松尾羽ショウが俳句バトルを通じ経験する、友情、恋愛、確執、そして成長を描いた青春群像劇となった。

ひょんなきっかけで伝説の俳聖から物事の侘(わび)を見出す天賦の才「侘の目」を受け継いでしまった中学2年生・松尾羽ショウは、同じく「寂(さび)の目」をもつ年上の少女・可愛ソラに出会う。俳句にはまったく興味がないと渋るショウを、ソラは強引に学校の俳句部へ入部させるが、それはこの世界の命運をかけた壮大な俳句大戦の前触れだった。「侘の目」「寂の目」を狙い、次々と襲い来る風流な刺客たち。闘いの中で覚醒する2人の「俳センス」。そして真の選ばれし俳人のみが辿り着く風流王の境地「俳キング」とは。

ドイツでは『カタンの開拓者』や『カルカソンヌ』が小説になった例があるが、アニメ化は世界初となる。製作スタッフには世界の名だたるボードゲームデザイナーが名を連ねているが、この部分はエイプリルフールのジョークのようだ。

4月2日追記:「この部分」だけでなく、記事の内容全体がエイプリルフール企画だったことが判明しました。

HYKE -The Animation- 特設サイト
ドロッセルマイヤーズブログ:『HYKE』 まさかのアニメ化!!!
HYKEアニメ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください