『ビブリオス』『イノベーション』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは本日、カードゲーム『ビブリオス』と『イノベーション』の日本語版を発売した。

『ビブリオス』はアメリカのゲームで、中世ヨーロッパの領主となって、他の領主よりも立派な書庫を充実させることを目指す。貴重な書物を読みやすく美しい書面にするため、色のついた文字や装飾、必要な顔料、腕のいい写本職人をそろえ、なるべく少ない投資で原本を買い揃え、書庫を充実させなくてはならない。5つのジャンルを競りで集め、それぞれのトップ賞の得点をとる。大枚をはたいて集めても、トップ賞が安くてはどうしようもない。独特のシステムで駆け引きも楽しいゲームで、短時間で終わるところも評価が高い。スティーブ・フィン作、2〜4人用、10歳以上、30分、2520円。

ホビージャパン:ビブリオス日本語版

『イノベーション』もアメリカのゲームで、技術革新(イノベーション)を積み重ねて文明を発展させる。ゲームの目的は、時代や文明分野を規定の回数制覇すること。偉大な功績を歴史に残した文明こそが、人類社会の勝者となる。毎回2回のアクションで、手札を引いて充実させ、必要かつ先進の技術を場に出し、その能力を使い、影響をためて、時代の制覇を目指す。その中で手札の枚数、場に出ているカードによるリソース数、山札の状況など、各種マネージメント能力が必要とされ、緻密なプレイングが求められる。時代が下るにつれてインフレ化するカードの能力など、逆転も可能なので最後まで気が抜けない。カール・チャデク作、2〜4人用、14歳以上、60分、3,465円。

ホビージャパン:イノベーション日本語版

どちらもフランスのイエロ社によるリメイクで、初版と比べるとイラストが非常に美しくなっている。もともと4月発売の予定だったが、満を持しての発売だ。

4Gamer.net:ホビージャパン,「イノベーション」「ビブリオス」の日本語版を4月下旬に発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください