『ピクトマニア』日本語版、8月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ピクトマニア日本語版ホビージャパンは8月下旬、紛らわしいお題を描き分けるお絵描きゲーム『ピクトマニア(Pictomania)』日本語版を発売する。3〜6人用、9歳以上、25〜45分、5040円。

チェコのゲームデザイナー、V.フヴァチルが昨秋チェコゲームズ出版から発売したパーティーゲーム。当初は日本語ラベル付きで販売されていたが、この度ペガサスシュピーレ(ドイツ)が新版を出すに及び、日本語版が制作された。

各自、それぞれ指定された自分のお題を描きます。それと同時に、ほかの人が描いているお題を当てなければならない。お題は「男の人」「女の人」「男の子」「女の子」「老人」「老婆」「赤ちゃん」などから1つを指定される。ほかのお題と間違えられないよう、描き分けなくてはならない。そこには、絵の上手下手よりも、違いを的確に表現する機転が求められる。

お題は4段階で難易度があり、最高難易度では「応仁の乱」「大化の改新」「明治維新」「関ケ原の戦い」「吉良邸討ち入り」「蒙古襲来」「源平合戦」を描き分けなくてはいけないから大変だ。早く回答するほど得点が高く、最後から2番目の人が終わると自動終了なので、ゆっくり描いている時間はない。

『グラフィティ』に続くお絵描きゲームの新定番。「その絵じゃ絶対分からないよー!」「いやオレはすぐ分かったよ。この部分で」などと、答え合わせでも盛り上がろう。

TGiW:ピクトマニア
ピクトマニア:お題はどれ?
どのお題だったか、分かりますか?

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください