関係箱(Beziehungskisten)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

思わぬ連鎖反応の連続

人間関係というものは複雑である。友人の友人が、気が合うとは限らない。嫌いな人が嫌いな人は好きな人かもしれないし、好きな人が好きな人は、嫌いな人かもしれない。誰と誰の相性がいいのか、悪いのかをよく見て、人生を進めるレースゲーム。先日紹介したdbシュピーレで、リメイクされていない作品である。

関係箱

登場人物は7人。手札からカードを出して、対応する人物を進める。ゲームの最初にゴールに早く着く人物を3人予想し、当たった得点の合計を競う。

最初に手札を見て、早くゴールしそうな人物を3人選び、それぞれ「×3」「×2」「×1」と書く。「×3」と書いた人が1位になれば7点×3で21点を得るが、7位だったら1点×3で3点にしかならない。

予想が終わったらレーススタート。カードを出して人物コマを進めるが、ほかの人物コマを同じマスになったときがこのゲームの特徴。ボードに表があって、何色と何色が同じマスになったら、どちらが何マス進み、どちらが何マス戻るか書いてある。

例えば赤のお姉さんは、黄色のモヒカンと同じマスになると3マス進み、モヒカンは1マス戻る。逆に白のサラリーマンと同じマスになると1マス戻り、サラリーマンが3マス進む。自分が応援している人物が進みやすいようにカードを選ばなければならない。

さらに、相性で移動した先にまた別のコマがあると、連鎖が起こる。2連鎖、3連鎖も当たり前で、動かしてみるまでどうなるか分からないほど。先頭集団から離れると、連鎖しにくいので逆転が難しい。置いていかれないようにしたい。

ゲームが進むにつれて、誰がどの人物に賭けているのか読めてくる。その人物を自分が応援していなければ、下位に沈むようコントロールしたいところだが、人間関係は難しいものでそう思い通りにはいかない。ほかの人も思い思いに進めるので運任せの部分が多いが、ここぞというときにはカードの選択が大事なゲームである。

Beziehungskisten
D.ヘン/dbシュピーレ(1994年)
3〜8人用/7歳以上/30分
絶版・入手難

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください