「東京ドイツゲーム賞」開催

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京ドイツゲーム賞ボードゲーム専門店のテンデイズゲームズ(東京・三鷹)と、輸入代理店ニューゲームズオーダー(東京・立川)は、今秋から来春にかけて「東京ドイツゲーム賞」というゲームデザインコンテストを開催する。現在、一次審査の作品を募集中。11月30日まで。

1995年に『カタンの開拓者たち』がドイツ年間ゲーム大賞を受賞して以来、ドイツゲームの黄金時代が訪れた。『エルグランデ』『ティカル』『レーベンヘルツ』『チグリス・ユーフラテス』など、遊び応えのある作品が次々と発表された。今回の新たに発足したこの賞は、そんな90年代のドイツゲームの魅力を現代に蘇らせようという試みである。

募集するのは「90年代ドイツゲーム的なテイストを持ったボードゲーム・カードゲーム」。具体的なシステムまでは限定されていないが、ほどよい運の要素、交渉・競り・交換などによるインタラクション、概ね60分前後のプレイ時間などが意図されていると見られる。未発表作品のみ。特定の個人、会社、団体、商品に関係する、もしくは想起させる内容は不可。

一次審査には、作品の内容、概要が具体的にわかる書類、資料、ルールブックなどを郵送またはメールで送る。二次審査(2013年2〜3月)でゲームプレイに必要なコンポーネントを用意しなければならない。審査委員は、テンデイズゲームズの田中誠店長、B2Fゲームズの吉田恒平店長のほか、ゲームデザイナーの澤田大樹氏が務める。三次審査の後、大賞は4月中旬に発表される予定で、賞金20万円が贈られる。

海外ではヒッポダイスゲームデザインコンテスト(ドイツ、1986〜)や、国際デザイナーコンクール(フランス、1977〜)、プレミオ・アルキメデス(イタリア、1994〜)などがあり、出版社が興味を示してメジャーデビューした作品が少なくない。今回の賞でも、優秀作品が製品化されることを期待しよう。応募の詳細は下記のリンクを参照のこと。

Daily Life is a game:ゲームデザインコンテスト「東京ドイツゲーム賞」開催!
B2FGames:東京ドイツゲーム賞。
実録:食卓遊戯密着大本営発表廿四時:コンペティション「東京ドイツゲーム賞」について
同:短く!

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください