『おばけキャッチ』日本語版に切替

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

メビウスゲームズは8月28日から、スピード勝負のコマ取りゲーム『おばけキャッチ(Geistesblitz)』をドイツ語版から日本語版に切り替えて販売し始めた。2〜8人用、8歳以上、20〜30分、1800円。

テーブルに置いた5つの木のコマから、カードに示された条件に合うコマをいち早くキャッチするゲーム。「カードにコマと同じものが書かれていた場合は、それを取る。カードと同じものがない場合は、全く合わないものを取る」という単純な条件ながら、色違い、形違いが入っているため大いに迷う。好評につき、今年さらにややこしくした『おばけキャッチ2』も発売されている。

ゲーム自体に言語依存はないが、箱とルールが日本語になったことでより手に取りやすくなった。メビウスゲームズではドイツ語版の取り扱いをやめ、今後は日本語版のみを扱う。

メビウスゲームズ:おばけキャッチ
play:game評価コメント:おばけキャッチ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください