アークライト、池田氏を提訴

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは11日、ゲームデザイナーの池田康隆氏に対し、名誉棄損で500万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしたと発表した。

公開された訴状によると、同人サークルのあゆ屋が『シャドウハンターズ』の東方Project版を権利者に無許可で制作販売したことが発端。これに対し原作デザイナーの池田氏が抗議して頒布中止と自主回収となった(「東方シャドウハンターズ頒布中止」参照)。その際、あゆ屋の北崎あゆむ氏を「アークライトの役員さんだったと思う」などとツイッターで発言し、違法行為を行ったあゆ屋とアークライトを結びつけ、違法行為を放置している会社だという印象を読む者に与えたとされる。

北崎氏はアークライトにおいて役員・従業員であったことはなく、『シャドウハンターズ』の権利侵害をめぐる問題は池田氏と北崎氏の個人間での問題であり、同社は全く関与していないにも関わらず、同社がこの問題に関与している印象を読者に与え、ネット上でのアークライト批判を引き起こしたことが、同社の名誉及び信用を傷つけたとしている。

もともと指摘があればお詫びと修正を行うと発言していた池田氏は、同社からの通知書が届いた本日、同社の求めに応じてツイッター上で謝罪を行った。

アークライト:訴訟の提起に関するお知らせ
Twitter:Yasutaka Ikeda

9月13日追記:今回の提訴に関して、さまざまな疑問が寄せられており、アークライトは回答をまとめて公表した。その中で、アークライトとあゆ屋は無関係であること、それゆえあゆ屋が起こした『シャドウハンターズ』の違法コピー問題についても関与しないことを改めて主張している。

アークライト:お知らせ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください