日経新聞に国産ボードゲームのクロスレビュー

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

本日付の日本経済新聞の「新製品バトル」(35面)で国産のボードゲームが登場した。『人生ゲームGO!GO!』、『野球盤メガスラッガー』、『絶叫!おばけ屋敷ゲーム』が国内市場動向やクロスレビューとともに紹介されている。

いずれも今年発売された新製品。『人生ゲームGO!GO!』は「人生教えるなら説教するより一緒に遊べ」というキャッチコピーがあること、『野球盤メガスラッガー』は打球が野手の頭上に飛ばせること、『絶叫!おばけ屋敷ゲーム』はネット通販での売れ行きがよいことなど、各商品のセールスポイントを挙げる。ボードゲーム一番の隆盛期である70〜80年代に遊んだ親世代の牽引で、現在も需要が見込めるというメーカーの声を掲載している。

また、楽しさ、デザイン・価格、その他の注目点の3項目についてクロスレビュー形式で専門家の味方を紹介。「ジョーコデルモンド」のあきお氏、日本マインドスポーツ協会の前野茂雄理事長と共に、当サイトの管理人もレビューした。

日本玩具協会のまとめによる「一般ゲーム」の国内市場規模が2011年年度に117億円(前年度比+13%)であったこと、それゆえ今年度は反動で前年度を下回ることも予想されることなど、市場分析もしている。1000人の読者アンケートは、過去1年間に遊んだゲームを尋ね、約11%がアナログゲームで遊んだと答え、その内容(複数回答可)はトランプが7.8%、人生ゲームが3.6%、将棋が2.4%、麻雀が2.1%となっている。

日経新聞は定期的にボードゲームを取り上げており、最近では昨年4月の「日経プラス1」に「何でもランキング」、今年3月の「日経プラス1」に、「ゼロから始めます」の記事がある。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください