シェフ・カッコウ!(Chef Cuckoo!)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

うま・・・ずそう

先日紹介した『トリガー』と同じ、フランス系のパーティーゲームを出版しているブルーオレンジゲームズ(アメリカ)の丸い缶入りゲーム。作者は『サンドイッチ』と同じレンボーで、内容も似通っているが、親が気に入ったものを選ぶというところに焦点を当ててもっとシンプルにしている。

ブルーオレンジゲームズは、10月にドイツで行われたボードゲームメッセにもブースを出していた。そこで展示していたゲームはごくごくシンプルなダイスゲームのみ。この出版社は、第二のカクテルゲームズとして注目している。

シェフ・カッコウ!

親が12枚のお題カードから、今日のメニューを選ぶ。メニューはサンドイッチ、パスタ、ピザ、サラダ、オムレツ、スープの6種類だが、それぞれ「ベスト」と「ワースト」がある。「最悪のサンドイッチでお願いします!」

お題が決まったら、各プレイヤーは手札の具材カードから3枚をセットにして親に提出。誰が出したか分からないように混ぜてから、親が1位と2位だと思う具材セットを選ぶ。1位の具材セットを出した人は星2つ、2位は星1つ。

誰かが星を5つ集めるか、全員親をしたらゲーム終了。星の一番多い人が「シェフ・カッコウ」になって優勝する。

具材カードは60枚。フランスの『サンドイッチ』と比べ、アメリカンな具材なので分かりやすい。そして「ワースト」というお題が面白い。オエーッとなるような組み合わせを出したつもりなのに「意外にイケそう」とコメントされたり。具材には全てカロリー数が書いてあるところも芸が細かい。

写真は「ベストピザ」で、卵・ホットドッグソーセージ・パルメザンチーズ、ニンジン・豆・トマト、パイナップル・チェダーチーズ・モツァレラチーズがエントリーしている。あなたならどれを選ぶ?

Chef Cuckoo!
C.レンボー/ブルーオレンジゲームズ(2012年)
3~8人用/7歳以上/20分
国内未発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください