日本の城(Japanese Castle)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

素人は2階も積めません

カードを積んでお城を作るロシアのゲーム。いくつかのルールで遊ぶことができる。

城は「屋根替」という床カードに、「壁(ヘキ)」というカードを組んで作る。「屋根替」には「締め具」という爪があるので、ここにカードをひっかけて組み立てていく。

ルールは高い城をいち早く完成させた人が勝つ「塩手」と「七つ」と「一緒」と「建築士」パーツを作ったらそれをもって移動する「運ぶ」、皆が城を作ってから机を揺らし、最後まで崩れなかった城が勝つ「ナマズ」、「壁」の数字を階数に合わせて得点する「一致」と「祭典」、とにかく高く積む「館」と「工場」、小屋を崩さないようにその下のカードを取る「絆」の10種類。チーム戦だったり、勝利条件となる階数が異なったりする。

「とりあえず練習で作ってみましょうか」ということで、1階建ての「安定」に挑戦。ところがこれがひどく難しい。壁の上端がぴったり合わなくて、どちらかに倒れてしまうのだ。上にもう1枚床置くとその重さで安定するのだが、床を置くまで下の壁を支えておくのがたいへん。2階以上では、支える力で崩れてしまうことも。

しばらく試行錯誤を続けていたが、結局3階まで建てる人が出ず、ゲームを断念した。最初のルール「塩手」でさえ、5階建てが求められる。「おかしい、ロシア人より日本人のほうが器用なはずなのに!」

もっとも、今回のメンバーがずば抜けて不器用だっただけかもしれない。手先の器用さに自信がある方はぜひ我々に代わってリベンジしてほしい。

日本の城
待ち時間に鴉さんが組み立てた5階建て。爪を違法に使うことでここまでできたという

Japanese Castle
S.マーチン/ライトゲームズ(2012年)
1~4人用/10歳以上/30分
ホビージャパンから輸入版が発売予定

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください