キャメロットを覆う影カードゲーム(Shadows over Camelot: The Card Game)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

うろ覚えクエスト

『アーサー王と円卓の騎士』をテーマにしたフランスの協力ボードゲーム『キャメロットを覆う影』(2005年)のカードゲーム版が、今年リリースされた。手軽な記憶ゲームで、プレイ時間は20分くらい。それでいて協力も裏切りもある。ひとりではとても覚えきれない量が、手分けすることで対処できるようになる。友情、努力、勝利が味わえるゲームだ。

クエストはボードゲームと同じように、ピクト人退治、サクソン人退治、ドラゴン退治、エクスカリバー探索、聖杯探索。山札からこれらがランダムに出てくる。順番に1枚めくっては、表にして重ねていく。下になったカードはもう見ることができないから、しっかり覚えておこう。

そのうち、クエストの数字が、合計11~13になったと思ったらめくるのをやめてクエスト宣言。これまでに重ねたカードをクエスト別に並べて、数字を合計する。

宣言したクエストの数字が、11~13に収まっていればクエスト成功。白い剣を受け取る。一方、10以下だと噂にすぎないのに出動したことになり、黒い剣1本。14以上だと、時すでに遅しで黒い剣1~3本。それ以外のクエストも、14以上だと黒い剣を受け取らなければならない。

キャメロットを覆う影カードゲーム
「?」のカードはそのクエストのカード枚数だけ。サクソン人のクエストが成功

ゲームの最初に、円卓の騎士か裏切り者カードが渡されている。白い剣が先に7本集まれば円卓の騎士の勝利。黒い剣が先に7本集まれば裏切り者の勝利。だから裏切り者は、覚えきれなかったふりをしてわざとクエストを放置したり、まだ大丈夫だろうとウソをついたりする。記憶ゲームなので、過失と故意が非常に見分けづらい。

クエストごとに担当者を決めて覚えておくというのはたいへん有効である。しかしそこに立ちはだかるのが敵のモルガン。このカードが出ると、11でもアウトなど不利な条件が課される上に、プレイヤー同士の相談ができなくなってしまう。その苦しい場面をどう乗り切るかが勝負どころだ。一方、強いカードを打ち消してくれる味方のマーリンもあるが、かえって数字が覚えにくくなることも。

5人で20分くらい。1ゲーム目はゲームに慣れていなくてあっさり円卓の騎士の敗北。2ゲーム目もあっという間に黒い剣が6本たまってしまう。ここでクエストごとに担当者を決め、各クエストが11~13になったら教えることにした。幸いモルガンがあまり出て来なかったので、これが奏功して一気に白い剣を集め勝利。薄氷を踏む思いだった。

記憶がメインで戦略的な要素はあまりないが、覚えきれない部分に潜む危険を、お互いにカバーしあい、クエストが見事成功したときはがっちり握手したくなる。

Shadows over Camelot: The Card Game
B.カタラ、S.ラジェ/デイズ・オブ・ワンダー(2012年)
1~7人用/8歳以上/20分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください