『ファウナ』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは本日、ドイツの動物クイズゲーム『ファウナ(Fauna)』日本語版を発売した。F.フリーゼ作、2〜6人用、10歳以上、45〜60分、5250円。

動物の名前とイラストを見て、生息域や体長や体重を当てるゲーム。ボードには世界地図とスケールがあり、このあたりだろうと思うところにコマを置いて、正解ならば得点になる。かといってこのゲームはトリビア系では決してない。キリンの身長は何メートル? コウテイペンギンの体重は何キロ? コガネガエルってどこに住んでいる? そんなところまで知っている人はほとんどいないこそ、あれこれ想像を膨らませ、ああだこうだ言って盛り上がる。回答が当たっても外れても楽しい。

オリジナルは2008年にフッフ&フレンズ社(ドイツ)から発売され、翌年のドイツ年間ゲーム大賞でノミネート、ドイツゲーム賞で10位に入賞した。緑髪の奇才F.フリーゼが制作したファミリーゲームとしても注目を浴びた作品である。これまでもラベル付きで国内販売されていたが、日本語版になったことで、登場する360種類の動物を手間いらずで楽しめるようになった。

ファウナ日本語版
動物名も、地図のエリア名も日本語で遊びやすくなった。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください