R.クニツィア、3月来日

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

クニツィア来日ボードゲーム専門店のメビウスゲームズ(東京・水道橋)は創業20周年を記念して今年3月、ゲームデザイナーのライナー・クニツィア博士を招いて記念パーティーを開くことを明らかにした。予約制で受付は2月上旬から。

東京都千代田区の靖国神社向かいに「ゲームとパズルの店」として開店したのが1993年3月。主にドイツゲームの販売を手がけ、頒布会や輸入卸などを通して国内のボードゲームの安定供給の立役者となった。2003年12月に現在の水道橋に移転。『ニムト』『サンファン』など人気タイトルの日本語版や、『キュージェット』『お先に失礼します』などのローカライズ作品、『ワードバスケット』再版など、話題に事欠かない。

ライナー・クニツィア博士は世界的に有名なボードゲームデザイナーで、『ケルト』や『ヘックメック』など、メビウスゲームズでもたくさんの作品を取り扱ってきたほか、『サムライ』『砂漠を越えて』『インジーニアス』『スタンプス』『古代ローマの新ゲーム』などが日本語版になっている。多作でも知られ、現在play:gameには400タイトル近い作品が登録されている。ドイツ出身だが現在はイギリスに在住。

来日は初めて。講演会(英語・通訳付き)などが企画されているが、会場の収容人数の都合により、参加は予約制となる。クニツィアファンは、続報を待とう。

メビウスおやじ:メビウス20周年パーティー

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください