『マンション・オブ・マッドネス:イエローサイン』日本語版、4月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

イエローサインアークライトは4月下旬、『マンション・オブ・マッドネス』の第5拡張『イエローサイン(The Yellow Sign)』日本語版を発売する。2~5人用、13歳以上、2~3時間、1,890円。プレイするためには基本セットが必要となる。

ファンタジーフライト社(アメリカ)によるクトゥルフ神話ボードゲームに新しいシナリオが加わった。アーカム劇場ではジュリアン・グレン作の戯曲「カルコサの宮殿」が上演中。これを見たものはみな発狂し、ヒヤデス星団の王ハスターを希うようになる。プレイヤーたちはこの惨状を止めようと、ジュリアンの屋敷に赴いた。あなたはジュリアンの陰謀を阻止することができるだろうか。新システムの廷臣カードが入り、クエストはさらに波乱万丈となる。

また、これに合わせて第1~4拡張セット『魔女の帰還(Season of the Witch)』、『銀のタブレット(The Silver Tablet)』、『死が二人を分かつまで('Til Death Do Us Part)』、『恐怖の館(House of Fears)』の日本語版も再販される。

アークライトゲームズ:マンション・オブ・マッドネス

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください