酒侍(Sake & Samurai)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

飲み過ぎに注意

侍たちが、酒を飲みながら殺し合いするイタリアのカードゲーム。生き残った中で、一番多く酒を飲んでいる侍が勝つが、酒を飲むと能力が奪われるから飲み過ぎてもいけない。

登場人物は宮本武蔵、柳生宗矩、柳生三厳、伊東一刀斎、伊達政宗、竹崎季長、北条政子、巴御前。この中から各自1人を選んで担当する。それぞれHPや特殊能力が異なる。女性も鎧を着て参戦(写真)。

酒侍
鎧姿も艶っぽい巴御前

手番にはカードを2枚までプレイして、移動、攻撃、酒飲みを行う。となりのプレイヤーとの間にはコマが置いてあり、これが間合いを示している。攻撃は武器によって有効な間合いが異なり、一番望ましいのは相手がもっていない武器の間合いに、自分がいるという状態である。攻撃すれば相手はカードを出して防御し、差し引いた分だけダメージを与えられる。第一の目標は生き残ることなので、守りを固めたら相手をどんどん攻撃しよう。

酒を飲むと、酒カウンターをアイテムカードの上に置いて、そのアイテムが使えなくなる。序盤から酒は飲むと、攻撃も防御もできなくなるので危険だ。死者が出始めて、ゲームが終盤に向かい始めたときに一気に飲むのがよいだろう。

HPがなくなってもゲームからは脱落しない。「呑鬼」となって酒を集める。ゲーム終了時に、呑鬼の集めた酒が、生き残っている侍の酒より多ければチームで勝利となる。酒の量は限りがあるので、呑鬼が現れるとゲームが一気に収束に向かう。

鴉さんから再三の「握り飯投げ」攻撃で手札を減らされたが、それがかえってマークを外される結果になり、神尾さんの柳生三厳が最初に死亡。私は始終手札が足りず危うかったが、最初に手札が引けるという巴御前の特殊能力で乗り切り、最後に酒を一気にかっくらって勝利。同じイタリアのカードゲーム『斬―サムライソード―』と比べると、手続きは煩雑なものの攻撃の仕方が多彩である。

同じメーカーから昨年、『ビールとバイキング(Beer & Vikings)』というゲームも発売された。同じテーマで舞台を変えたものだが、拡張セットとしても遊ぶことができるという。

Sake & Samurai
M.サントゥス/アルベ・パーヴォ(2011年)
3~8人用/13歳以上/45分
ゲームストア・バネスト:酒侍

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください