ボードゲーム5%、朝日新聞世論調査

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

朝日新聞は本日の朝刊で遊びに関する世論調査の結果を発表した。3千人への面接調査の結果、遊びとしてよくやっていることとして5%の人が「トランプ、将棋、パズル、ボードゲームなど」と答えた。一方、もっとお金や時間に余裕があればやってみたい遊びとして「トランプ、将棋、パズル、ボードゲームなど」を答えた人は1%に留まった。

遊びとしてよくやっていることの1位は「テレビ、ビデオを見る」で46%、やってみたい遊びの1位は「国内旅行、ドライブ」で53%。「テレビゲーム、携帯ゲームなどのコンピューターゲーム」はよくやっている人が12%、やってみたい人が3%となっている。

遊びに主に求めるものとして多かったのは「友人や家族との交流」(71%)で、2位の「健康」(39%)を大きく引き離した。女性、若年層ほ交流を重視する傾向が大きいという。交流ツールとして、ボードゲームの認知度が高まってほしいところだ。

朝日新聞デジタル:理想は旅行、現実TV 日本人の遊びはいま 朝日新聞世論調査

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください