ビッグチーズ(The Big Cheese)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

大山鳴動して鼠一匹

ネズミたちが競り落とした仕事で利益を上げるオークション&ダイスゲーム。1998年にアメリカで出版されたゲームを今年、日本の出版社がリメイクした。木製のネズミコマ、各種サイコロ、缶入りと、白黒のカードのみだった(チップやダイスは自分で準備しなければならなかった)オリジナル版からの大幅なグレードアップである。

毎手番、山札からカードをめくって仕事が出てくる。これを手持ちのネズミコマを使って競り。一番多い数を言った人が、その仕事を取る。仕事内容は「経営会議にプレゼン」とか書いてある割に、イラストはネズミがのんびり仕事をしている絵で和む。

競り落とした人は、手持ちのネズミをその仕事カードに乗せて、次の人の手番へ。このとき、前に競り落としていた全ての仕事カードからネズミが1匹ずつ返ってくる。最後のネズミが返ってきたら、その仕事は完了。サイコロを振って収入が入る。

サイコロは4面体から20面体まで5種類あり、どのサイコロを振るかは仕事カードに指示されている。「6」と書いてあれば6面体、「8」と書いてあれば8面体。そして出た目が収入となり、その数だけ得点トラックを進める。サイコロの目次第なので、「20」の仕事が一番儲かるとは限らないところがポイント。たくさんのネズミを投入し、何ターンも待った挙句、1とか2が出てがっかりとか。

そんなときは、ビッグチーズのカードである。これを競り落としておくと、サイコロの目がよくなかったときに、1枚消費して振り直しができる。ただし、もっとひどい目になることもある。

手持ちのネズミの数は全員分かるので、足元をみた競りが憎い。高騰が続いて、ほかの人のネズミがほとんどいなくなったときに、12とか20の仕事が来ると安く競り落とせる。「くそー、そんな値段で!」

そんなときは、拒否権のカードもある。これを競り落としておくと、ほかの人に競り落としてほしくない仕事カードを流すことができる。出し抜かれないための保険である。

得点トラックが最初にゴールに入った人の勝ち。

5人でプレイ。ケイコさんが20の仕事で20を出し、12の仕事で12を出すという奇跡でぶっちぎり1位。ダグラスさんが「アンビリーバボー!」を連呼していたのが笑った。私は、つまらない仕事にたくさんネズミを投入してしまったり、ネズミをたくさんもっているところでいい仕事が来なかったりとちぐはぐだった。カード運、ダイス運に大きく左右されることは間違いないが、それでもほかが競り合っているときに貯めておき、ほかがないときに出すというような逆行する動きをするとチャンスが増えるかもしれない。

The Big Cheese
J.アーネスト/ニューゲームズオーダー(2013年)
3~6人用/10歳以上/20分

ビッグチーズ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください