第3回ドミニオン日本選手権、入穂氏優勝

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

6月22日と23日にかけて、東京・代々木の全理蓮ビルにて第3回ドミニオン日本選手権が行われた。204名の参加者からチャンピオンに輝いたのは入穂氏。

1日目は午前と午後に分かれて予選が行われ、午前中109名、午後95名が参加した。4ラウンドの成績により、それぞれ22名と、前回大会のシード枠で4名が2日目に進出。2日目も4ラウンドの成績で準決勝、さらに決勝が行なわれた。

決勝ラウンドに進出したのは、入穂氏、てっぺい氏、マルク氏と、前回優勝の三津家和彦氏。全員が1勝ずつあげて迎えた第5戦で入穂氏が勝利し、優勝となった。

8月にアメリカで行われる世界選手権には、入穂氏が都合により辞退したため、てっぺい氏が日本代表に選ばれた。そのため、優勝者副賞の100,000円(出場旅費補助費)はてっぺい氏に贈られることになった。日本代表の3年連続優勝の期待がかかる。

irihoの日記
てっぺいダイアリー
togetter:第三回ドミニオン日本選手権レポート

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください