アークライトの名誉毀損訴訟、和解成立

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライト社は19日、自社ホームページにて、ゲームデザイナーの池田康隆氏を名誉毀損で訴えた訴訟について、東京地裁で和解が成立したことを報告した。

アークライト社は昨年9月、ゲームデザイナーの池田康隆氏に対し、名誉棄損で500万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。池田氏の代表作である『シャドウハンターズ』を無許可で制作・頒布したあゆ屋の北崎あゆむ氏を、池田氏は「アークライトの役員さんだったと思う」などとツイッターで発言し、違法行為を放置している会社だという印象を抱かせたというのが提訴の理由。

両者弁護士を立てて継続的な意見聴取を行ってきた結果、10ヶ月後の7月18日に和解が成立した。和解内容は、池田氏のツイッター発言を訂正し謝罪すること、公告した後にツイッターアカウントを削除すること、500万円の損害賠償請求を取り下げることなどとなっている。

この件について池田氏はツイッターにて、弁護士から正式に話を聞いていないのでコメントできないという旨のツイートを行っている。ボードゲーム愛好者のツイートでは、アークライト社の対応に否定的な発言が目立つ。

アークライト:和解成立のお知らせ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください