『ルーム25』多言語版、8月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ルーム25ホビージャパンは8月中旬、フランスの協力型脱出ゲーム『ルーム25(Room 25)』の日本語を含む多言語版を発売する。F.ルーズ作、1〜6人用、13歳以上、30分、3990円。

今からほんの少しだけ未来。とある国のTV番組「ルーム25」はやらせなしの内容で他局の番組を圧倒し、歴代最高視聴率を叩き出していた。その内容とは、5部屋×5部屋で構成された迷路の中から、唯一脱出できる部屋である「ルーム25」を囚人たちが協力して時間制限までに探し出すというもの。部屋にはそれぞれ恐ろしい危険が待ち構えており、協力してその危険を乗り越えていかなければ、刑が執行され命を落とすことになる。しかも、収録週によっては、囚人に紛れてTV局側が用意した「ガード」が成功を邪魔する場合もある。

シンプルなルールの協力型脱出ゲームに、スパイが紛れ込むという推理物の要素が加わって、息詰まる緊張感が楽しめる。3人対3人のチーム戦や、ペア3チームによるチーム戦、1人用シナリオなど、さまざまな番組内容を再現した5種類のモードでも遊べるところが特徴だ。

昨年のエッセン・シュピールに合わせてマタゴー社(フランス)から発売され、ホビージャパンが輸入版を取り扱っていたが、再版にあたって多言語版として発売される。

ルーム25(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください