政権交代(Machtwechsel)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツの政治に詳しくなりたかったら

このような作品があるからドイツゲームは奥が深いと思う。指示された政党で連立政権を樹立するという、超真面目なカードゲーム。カードには1枚1枚、写真入りの政治家プロフィールや、選挙制度にまつわるウンチクがぎっしりと書いてある。翻訳を終える頃には、ドイツの政治にだいぶ詳しくなっていた。

ドイツは今度の日曜日(22日)、連邦議会選挙が行われる。A.メルケル首相率いる与党、キリスト教民主・社会同盟が優勢だと言われている。ドイツ連邦議会は、日本のような小選挙区と比例代表の併用だが、規定票数・議席を獲得できない政党は議席が与えられない。ナチスの台頭の反省から、小党乱立を防ぐためである。それでも、過半数に達せず連立政権を組むことがこれまでたびたびあった。キリスト教民主・社会同盟と社会民主党という大政党が2005年に「大連立」を組み、そのときA.メルケルが首相に就任したのである(ほとんどの日本人にとってはどうでもよい知識)。

権力交代

このゲームでは、はじめに任務カードが1枚配られる。「黒(キリスト教民主・社会同盟)の単独政権を樹立せよ」「黒・赤(社会民主党)の大連立を樹立せよ」など、色分けされた政党が指示される。そのカードを規定数集めることがこのゲームの目的だ。

手番には、カードを引いて捨てるか、捨て札から1枚買うか、イベントカードを使うのが基本。このほかに他のプレイヤーと交渉して交換したり、売買したり、パスしてお金をもらったりすることもできる。

集めている色のカードが3枚集まったら公開しなければならない。銀行からお金をもらえるが、ほかのプレイヤーからイベントカード「不信任投票」で活動休止に追い込まれる恐れもある。先に集まったほうが攻撃を受けやすいだろう。

4人で30分くらい。私の目標は黒の単独政権。お金を貯めこむくさのまさんとbashiさんを尻目に、地道に集めようとしたがなかなか引けない。そのうちサガエさんが赤のカードを公開。どんどん付け足して増やしている。そろそろ不信任投票を出そうかというところで、サガエさんが任務を達成。赤と紫(左翼党)の連立政権を樹立するという任務だった。赤にも紫にもなるO.ラフォンテーヌ(社会民主党党首だったが左翼党に鞍替えした政治家)が効果的だった。

ゲーム内容はわざとかといえるほど簡単にして、カードのテキストを読んで「へぇー」となることを目指したゲームのようだ。

Machtwechsel
R.クラウゼ/ヘプタゴン(2011年)
2~6人用/12歳以上/30~45分
ゲームストア・バネスト:政権交代
heptagon:Machtwechsel

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください