シュピール'13新作情報:イスタリゲームズ

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

徹底的に作りこんだゲーマーズゲームを発表しているフランスの出版社です。今年は『キーフラワー』のブリースデールとクニツィア、そして『ケイラス』のアティアを起用しました。

スパイリウムスパイリウム(Spyrium)
W.アティア作、2~5人用、12歳以上、75分。ホビージャパンが取り扱ってすでに日本で発売されています(5670円)。
パラレルワールドの大英帝国において、工場を建設し、工員を雇って「スパイリウム」という新物質を製造します。「スパイリウム」は希少で高価であるため、わずかでもかき集めなくてはなりません。
建物やキャラクターが9枚並んだ場に工員コマを配置します。工員はカードとカードの間に配置し、活性化することでカードの購入や、工場の稼働ができます。配置から活性化にどこで切り替えるか、どれだけの行員を動員してどのアクションを行うか、そしてそのアクションを使ってどれだけ「スパイリウム」を獲得できるかという選択に悩まされます。

スパイリウム(コンポーネント)

プロスパリティプロスパリティ(Prosperity)
S.ブリースデール&R.クニツィア作、2~4人用、13歳以上、60分。
現在発展中の大国の指導者となり、70年間という期間に繁栄を競います。インフラと産業を整備し、エネルギーと資金を用意します。しかし繁栄は後代に公害などのツケを残します。どこまで制御できるでしょうか。
手番には、タイルを引いて全員が指示に従います。エネルギーがプラスなら収入、マイナスなら支出か公害が悪化します。エコロジーならば公害トラックのマーカーを増減し、資金なら手持ちのタイルによって収入を得ます。研究が出ると研究度が上がり、繁栄が出ると手元のタイルによって得点が入ります。ただしこのとき、公害が限界を超えていると得点できません。その後で、収入、公害マーカーの除去、研究度アップ、タイルの購入から2アクションを行います。タイルはエネルギーとエコロジーのレベルによって購入価格を下げることができます。
購入したタイルを置く場所は限られており、場所がなければ前のタイルを除去しなければなりません。高速道路や鉄道を整備することでタイルを置く場所を広げることができますが、公害の悪化を招くこともあります。タイルがなくなったら得点計算をして、繁栄ポイントの最も多い人が勝ちます。

プロスパリティ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください