海の通路(Tsuro of the Seas)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

大怪獣に救われる

海の通路

ボードから落ちないようにタイルを並べてルートを確保する生き残りゲーム『通路』(2004年)の第二弾。今回は盤面を荒らしまわる「大怪獣(Daikaiju)」が現れる。

盤面は7マス×7マスで『通路』から一回り大きくなった。ここに最初から大怪獣が何頭かいる。各自、自分の船をボードの端にセットしてスタート。手番にはまずサイコロを振り、出た目によって大怪獣が移動する。その動きはランダムであり、自分の近くへ来ないことを祈るばかりだ。

次に手持ちのタイルを1枚、自分の船の前に置いて、そこに書かれた通路に沿って船が移動する。盤外につながっている通路や、大怪獣につながってしまったら脱落。近くにほかの人の船がいると、その人が置いたタイルによって脱落させられることもある。

手札を補充して次の人の手番へ。こうして最後まで生き残った人の勝ちとなる。

大怪獣の移動先にタイルがあると、そのタイルは除去される(そこに船がいる人は脱落)。そこからさらに移動すると、タイルのないマスが生まれる。そのマスがあるために、盤外に出ないで助かることもあって、大怪獣はいつも悪者というわけではない。

大怪獣の動きはランダムで、盤外に出て行ってしまうこともある。規定数より減ると、新たに盤上に出現することになっている。サイコロで決められた座標に出現するので、たまたまそこにいていきなり脱落ということも。大怪獣にはいつもヒヤヒヤさせられる。

7人プレイ。ケイコさんがいきなりとなりにいたツカモトさんの船を盤外へ。近づくと危険である。その後も小競り合いが続き、大怪獣に突っ込んで行ったり、目の前に居座った大怪獣を避けられなかったりしてどんどん脱落していく。ケイコさんは大怪獣が出現しない周縁部を堅実に周って生き延びた。最後はbashiさん、ケイコさん、私の一騎打ちとなり、bashiさんが大怪獣に食べられた穴で助かって1位。

海の通路(終盤)
タイルを置けるところはあと4枚だけ。手番順と手持ちのタイルが勝敗を決める

大怪獣が襲いかかる恐怖で、サイコロを振るたびに一喜一憂が湧き起こり、スリルのある展開が楽しめた。

Tsuro of the Seas
T.マックマーキー、J.ワイズマン/カリオプゲームズ(2012年)
2~8人用/8歳以上/30分
国内未発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください