地獄の釜(Auf Teufel komm raus)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

「もっと欲張れ」が悪魔のささやき

地獄の釜

円安とはいえ、この値段の高さは何だろうと思ったら、重量感のある豪華なポーカーチップがついている。どうしてここまで豪華にするのかといえば、ギャンブルゲームだからである。目標点を賭けて、バーストを恐れずチップを引きまくる!

ゲームボードに描かれているのは、鋼鉄製の地獄の釜。その中には炭コマが入っている。その裏にはさまざまな数字と、悪魔マーク。自分の番には、ここから1枚ずつ引いていって、好きなところで止めてよい。ただし悪魔を引いてしまったらバーストで0点。つまりは坊主めくりである。

しかし、その前に全員で、このラウンドの最高点を賭けるというフェイズがあることでゲーム性が高まる。ほかの人の得点状況を見ながら(劣勢の人は大きく賭けてくるだろう)、いくら賭けるかを考え、手持ちのチップを出して全員同時公開。それから順番に炭を引いていく。

自分がバーストしても、賭けたチップ以上の点数を誰かが引いてくれたら賭け成功となる。賭けたチップと同額だけプラス。ところが賭けたチップが一番多い人は、成功すれば払い戻しが何と2倍! このルールのおかげでぬるい賭け方ができない。一方、賭けたチップが一番多ければ多かったで、次々と目標に届かず終わっていく仲間をはらはらしながら見ることになる。

一番かっこいいのは、一番多く賭けて、自らそれだけの炭を引くことだ。バーストせずに枚数が一番だった人と、合計が一番だった人に与えられるボーナスも総取りできる。そういうときに限って、最初の1枚目で悪魔が出てズッコケたりするものだ。規定点に達したラウンドで、チップの最も多い人が勝ち。

5人プレイで30分ほど。最初は慎重に賭けていたが、途中で冒険して高めに賭け、「100」の炭を引いて一気に儲けることができた。トップとなり、あと1回で規定点に達するところだ。そこで安全策を取り、逆転を狙うほかの人が失敗してくれれば1位という展開を狙う。最後のnagaさんの手番、場のチップはほとんどが悪魔となっていた。勝利は確実かと思われたが、nagaさんが鬼引きで「100」を引き大逆転。私は安全策が裏目に出て3位に後退。

勝敗は結局のところ引き運であるが、チップを賭けるとき、炭を引くときのスリルがたまらない。誰かが異様に高額な額を賭けたり、「100」がめくられたりするたびに大きな歓声がわき起こって盛り上がった。

Auf Teufel komm raus
T.エンゲル、S.エンゲル作/ツォッホ出版(2013年)
2~6人用/10歳以上/40分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください