『気球で大空へ』『キャプテンリノ』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

気球で大空へすごろくやは21日、ハバ社(ドイツ)のキッズ向けの人気カードゲーム『気球で大空へ(Aufbruch ins Abenteuer)』『キャプテンリノ(Super Rhino!)』日本語版を発売した。『気球で大空へ』は2~4人用、6才以上、15分、1470円。『キャプテンリノ』は2~5人用、5才以上、10分、1470円。日本語パッケージで、日独英の説明書が同梱されている。

すごろくや定番の売れ筋作品を日本語化。人気のため品薄になっていた時期もあったが、しばらく安定した供給が望めそうだ。

『気球で大空へ』は同じ色の気球カードを集めて気球を完成させるカードゲーム。山札からカードを引いて、要らなかったものは山札の周りに伏せておく。何色かを覚えておいて後で使うが、ほかの人も使えるため、何色のカードを伏せておいたかで推理や駆け引きが楽しめる。大人向けの減点ルールもあり。

すごろくや:気球で大空へ

キャプテンリノ『キャプテンリノ』は折り曲げたカードを柱にして積み上げ、手札の床カードを重ねて、一早く無くすことを目指すバランスゲーム。順番に柱を立て、床カードを置くというのを繰り返して、ビルが崩れたときに手札の少ない人が勝つ。床カードにはサイのヒーロー「リノ」のコマを上に置かせるものなどがあり、スリルある展開が楽しめる。

すごろくや:キャプテンリノ
TGiW:キャプテンリノ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください