『ブラッドバウンド』日本語版、11月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ブラッドバウンドアークライトは11月23日、正体隠匿系のカードゲーム『ブラッドバウンド(Blood Bound)』日本語版を発売する。K.クレンツァー作、6~12人用、14歳以上、30分。2730円。

ファンタジーフライトゲームズ(アメリカ)が今月発売したばかりの作品。プレイヤーはヴァンパイアとして2チームに別れ、敵対チームのボスを倒すべく争う。

キャラクターカードがプレイヤーにランダムに配られるが、最初は誰がボスなのか、さらには誰が自分と同じチームなのかも分からない。自分の番にはほかのプレイヤーをナイフで刺すか、ほかのプレイヤーにナイフを渡すかの選択を行うだけ。刺されたプレイヤーは傷を負い、自分の正体を明かす手がかりを1つ公開する。誰かがナイフで刺す選択をしたとき、ボスを守るため刺されるはずのプレイヤーをかばうこともでき、各プレイヤーの正体が徐々に明らかになっていく。

日本語版が出ている『レジスタンス』『悪魔城への馬車』と同様、最後まで脱落者を出さずに楽しめ、ブラフよりも推理に重きをおいたゲームだ。

アークライトゲームズ:ブラッドバウンド完全日本語版

ブラッドバウンド(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください