シュピール'13:スカウトアクション

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム専門誌「フェアプレイ」は、シュピールで発表された新作の人気投票「スカウトアクション(Scoutaktion)」を現地で行い、結果を発表した。この投票は重複投票を避けるため記名式で行われ、1~5の5段階で評価する(1が最高)。結果は以下の通り。

1位はハンス・イム・グリュック社(ドイツ)が「ここ数年で一番重いゲーム」という触れ込みで発表した『ロシア鉄道』。2位にはM.ゲルツがロンデルシステムから脱却した新作『コンコルディア』、3位には『テラミスティカ』の出版社による『グラスロード』が入った。3位まで全てドイツの出版社で、全体的にも非ドイツゲーム人気だった近年の傾向を打ち破って、ドイツゲームが再び人気を集め出している。

また規定票数には届かなかったが評価の高かったものとして、『アタカマ(Atacama)』、『ブレーマーハーフェン(Bremerhaven)』、『カヴェルナ(Caverna)』、『シトラス(Citrus)』、『エッベス(Ebbes)』『ルイス&クラーク(Lewis & Clark)』、『マイス&ミスティクス(Maus & Mystik)』、『ネーションズ(Nations)』、『プロスペリティ(Prosperity)』が挙げられている。票数は、各ブースが用意したテーブルの数に大きく左右される。

【フェアプレイ・スカウトアクション】(40票以上)
1位:ロシア鉄道(Russian Railroads/ハンス)1.73/85票
2位:コンコルディア(Concordia/PD出版)1.84/64票
3位:グラスロード(Die Glasstraße/フォイヤーラント)1.91/65票
4位:ブリュッセル1893年(Bruxelles 1893/パールゲームズ)2.12/49票
5位:カシュガル(Kashgar/コスモス)2.13/63票
6位:ロココの仕立屋(Rokoko/エッガート・ペガサス)2.15/41票
7位:スパイリウム(Spyrium/イスタリ)2.21/72票
8位:マデイラ(Madeira/ホワッツユアゲーム)2.22/58票
9位:ラブレター(Love Letter/ペガサス)2.24/97票
10位:ウゴ(UGO/プレイジスワン)2.3/44票
11位:アメリゴ(Amerigo/クイーンゲームズ)2.35/85票
12位:炭鉱讃歌(Glück Auf/エッガート)2.4/55票
13位:雲南(Yunnan/アルゲントゥム)2.44/40票
14位:ギルドマスター(Guildhall/ペガサス)2.48/42票
15位:ノーティカス(Nauticus/コスモス)2.48/42票
16位:サンスーシ宮殿(Sanssouci/ラベンスバーガー)2.61/59票
17位:タシュカラル:伝説のアリーナ(Tash-Kalar:Arena of Legends/チェコゲームズ出版)2.75/48票

Fairplay Online:Tagesergebnisse der Scoutaktion 2013

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください