西部の街(Western Town)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

新しい建物、新しいカード

西部の街

アメリカ合衆国大統領A.リンカーンは南北戦争中の1862年、奴隷解放宣言を出したが、インディアンに対しては厳しかった。同じ年にホームステッド法を可決させてインディアンに農業を強制させ、逆らうものは徹底的に弾圧した。彼の有名な言葉「人民の人民による人民のための政治」に、インディアンは含まれていなかったのである。

そのリンカーン大統領のもとで、西部の開拓をするフランスのゲーム。大統領のお気に召すような街を作らなくてはならない。それは住民の数であったり、街の魅力であったり、合衆国にもたらされる黄金であったりする。いろいろな建物を使って、これらの要素を増やしていくのだ。リンカーンカードは毎ラウンド1枚ずつ公開される。そこに書いてあるものが、このラウンドの目標で、最もよく達成できた人にはボーナスがある。さらにゲーム終了時の得点もこれで決まるので、これに沿って街を開発しよう。

1ラウンドには3枚のカードをプレイする。自分のデッキから4~6枚を手札に選び、そこから順番に出してアクションを行う。「金鉱」で黄金を入手し、「保安官」で輸出する。住民を増やすなら「農場」、魅力を上げるなら「酒場」など。

さらに、「大工」で新しい建物を作ると、その建物のカードが手に入る。建設可能な建物はゲームごとに変わり、ラウンドごとに強力なものが追加されていく。新しい建物を作ると、新しいカードが手に入るという仕組みがとても面白い。テーブルの上は、建設可能な建物が所狭しと並ぶ。

もうひとつ、ほかの人が同じカードを出していると利用できるという独特のシステムがある。自分の番に、ほかの人が同じ種類のカードをプレイしていると、相手のカードを伏せて、自分のカードをまた使えるのである。このため、前手番の人とかぶるのを避けるか、かぶるのを承知でやりたいアクションを優先するか悩ましい。さらに3枚のプレイ順番も考えどころで、カードの選択がこのゲームのメインといってもよいだろう。

カードプレイが終わったら、まだ表になっているカード(ほかの人とかぶらなかったカード)に書かれた収入を得て、リンカーンのチェックを行う。こうして5ラウンド行って、得点の多い人が勝ち。

ゲーム中、「銀行」など、インディアンチェックがあるカードがある。ダイスを振って、その数だけインディアンが野営地に集まってくる。規定数を超えると、インディアンが襲ってくる。このときカウボーイで撃退できないと、建物に放火されて使えなくなってしまう。備えあれば憂いなし。インディアンを増やす「鉄砲鍛冶」などを使っておきたい。

4人プレイで150分。「保安官」を多用して金の輸出を再優先で進め、リンカーンのほうびを毎ラウンド手に入れることができた。しかしこれに集中し過ぎて、街の魅力を上げたり、得点の高い建物を建てる余裕がなかった。最後は「銀行」で大量の黄金を輸出したサガエさんが逆転優勝。リンカーンにおもねってばかりではダメだということだろう。

たっぷり遊びごたえのあるゲーム。時間が長いのがいやな方にはショートゲームのルールも含まれている。

Western Town
O.ワルニエ/ホワイミー(2012年)
2~4人用/12歳以上/90分
ゲームストアバネスト:西部の街

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください