『ダンガンロンパ1・2 超高校級の人狼』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アルジャーノンプロダクトは10月26日、人狼をダンガンロンパシリーズのキャラになりきってプレイする『ダンガンロンパ1・2 超高校級の人狼』を発売した。5~17人用、30~70分、3150円。

ダンガンロンパシリーズとは、「超高校級」の能力を持つ高校生ばかりが集められた希望ヶ峰学園で、「卒業するためには仲間を殺すこと」というルールのもと、次々と発生する殺人事件を「学級裁判」で解決していく、アドベンチャー+アクションゲーム。2010年にPSPソフトで発売され、シリーズ化やアニメ化が行われている。

この作品では、アイテムカードやキャラクターの能力を駆使しつつ、誰が「クロ」(正体を隠して仲間を殺していく人物)なのかを全員で話し合い暴いていく。役職カードのほかに、原作に沿った固有の特殊能力をもったキャラクターカードや、さまざまな効果をもつアイテムカードがあり、126枚ものカードが入っている。これらの能力や効果は、難易度に合わせて導入される。

通常の人狼と異なるところは、「クロ」(人狼)が常に1人しかおらず、その分「裏切り者」(狂人)が多いということ。また人数が少ない場合は、「シロ」(村人)であるにもかかわらず「アルターエゴ」(占い師)に敵側に判定されてしまう「絶望病患者」が加わる。

11月4日に東京ビッグサイトで行われるゲームマーケットのほか、秋葉原、宇都宮で体験会が行われ、プロモーションカードも配布されることになっている。詳細はホームページのイベント情報を参照。

アルジャーノンプロダクト:ダンガンロンパ1・2 超高校級の人狼
4Gamer.net:本日発売「ダンガンロンパ1・2 超高校級の人狼」先行プレイレポート。原作キャラが入り乱れての"学級裁判"が楽しめる人狼系推理ゲーム

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください