ジェムクロックス(Gem c'Rocks)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

びた一文負けられないオークション

Gem c'Rocks

宝石を競りで集め、影響力に換えて4つの国で名誉を競う日本のゲーム。ゲームマーケット常連サークルの高天原(大阪)が今秋発売した新作で、おっさんの箱絵がまぶしい。お金がだんだん少なくなっていく中での3種の競りと最後の入札が超熱い。

舞台は「ギフ」という鉱山国家。毎回1枚のタイルとその周囲のタイルに宝石が産出され、まとめて競りが行われる。タイルで指定される競りの方法は、握って一斉公開と、1周だけの競りと、1コインずつ支払って降りるゲシェンク方式の3つ。カツカツな上に、競り負けてもお金が帰ってこないので、1コインでも無駄にできない。

競りで1位から3位(3人プレイでは2人)まで、順番に好きなタイルの宝石を取っていく。宝石は細工師カードの上においてはじめて影響力となるため、手持ちの細工師カードで指定された宝石を集めなければならない(いわゆるセットコレクション)。レアな宝石も、細工師カードによっては石ころに過ぎない(1金として使うことはできる)。

こうして場所を変えながら18回の競りを行うが、使ったお金は、2コインを支払うことで手元に帰ってくる。最初は13コインで始めるので、全部使って手元に戻すと11コイン、つぎは9コインと減っていく。ほしい宝石でない場所の競りは控えるほか、必要な宝石も(ほかのプレイヤーの動向を踏まえて)できるだけ安く競り落とせる場所を考えなければならない。5つの国に出現するサポートカード(5コインになったり、集めるほど得点になったり)も競りの対象となるので活用したい。

全ての競りが終わったら、宝石を細工師カードに乗せ、その影響力で4つの国(イシカワ、 アイチ、クサツ、 スズカ)に入札する。国によって名誉タイルの得点配分が異なり、3点以上の宝石しか受け付けないところ、枚数で勝負するところなどもあるので、配分をよく考えよう。一斉に公開して影響力の多い順に名誉タイルを配分し、名誉点の多い人が勝ち。

4人プレイで90分。どの競りにも少しずつ出しておこぼれに預かる作戦だったが、後半くらいからコインが窮乏し、何も手に入れられない状態に。細工師カードは何とか揃えたが、どの国でも1位のタイルを取れず最下位。序盤はコインを節約し、たくさんもっていることでほかのプレイヤーを降りさせたtomokさんが幅広くタイルを集めて1位。お互いの所持金はだいたい分かるので、「全部出しても負ける」という圧力が有効だった。

1回1回の競りで状況が少しずつ変わっていくため、考えることや駆け引きが多く、非常に遊びごたえのある作品である。登場する12種類の宝石もゴージャス。色味が似ているガーネットとルビーは、光沢の模様(よく見るとリボン状/カメ状になっていて芸が細かい)で見分けると目利きになった気分になれる。

Gem c'Rocks
3~5人用/10歳以上/60分
田邉顕一/高天原(2013年)
高天原:Gem c'Rocks
ショップ検索:Gem c'Rocks

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください