『王宮のささやき』日本語版、11月9日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

コザイクは9日、ドイツのカードゲーム『王宮のささやき(Palastgeflüster)』日本語版を発売する。M.リーネック作、3~5人用、10歳以上、45~60分、1890円。

手札を全部出すことができたら勝ち、出せなくなったら負けという中毒性の高いカードゲーム。自分の番には手札から1枚、自分の前にプレイして、それぞれの効果で手札を交換したり、ほかの人の手札を見たりできる。プレイされたカードの色によって次の手番プレイヤーが決まるところが画期的で、誰かを狙い撃ちできるところが、タイトルにあるような陰謀劇を生み出す。

1ラウンドの勝敗は5分程度で決まるため、勝利条件を低くすれば短時間で遊ぶこともできる。ちょっとした空き時間に遊ぶこともできる作品だ。ランダム要素が少なくガチで楽しめる3人でのプレイがオススメ。

アドルング社(ドイツ)から2007年に発売され、アラカルトカードゲーム賞6位を獲得。メビウスゲームズが輸入販売していた。このたびの日本語版は、『タルギ』日本語版に引き続き秋津たいら氏がイラストを手がけ完全リニューアル。タンサンファブリークもアートワークを担当している。

11月4日のゲームマーケットでグループSNEブース(05)から先行販売されるほか、11月10日にキウイゲームズ(大阪)、11月17日にゲームストア・バネスト(名古屋)でも体験会が開かれる。

コザイク:王宮のささやき
グループSNE:ゲームマーケット2013秋 まもなく開催!
play:game評価コメントリスト:王宮のささやき

王宮のささやき

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください